一戸建て不動産を賢く売却する|人気の住宅会社を比較してみると良い

暮らしを豊かにする建設会社の取り組み

低炭素化が大切

低炭素住宅の認定の仕組み

近年、注文住宅で、低炭素住宅の認定を受けるケースが増えてきています。 低炭素住宅というのは、「都市の低炭素化の促進に関する法律」で規定されている住宅のことです。この法律は、都市由来の二酸化炭素の排出を抑制することが目的で、都市を構成する建築物や交通システムなどの分野で、二酸化炭素排出を抑制するための制度が盛り込まれています。 そうした中で、住宅分野の制度として盛り込まれているのが、低炭素住宅です。これは、ある一定の基準を満たす住宅は、自治体の認定を受けることができ、税制上の優遇措置などがあります。 認定にかかる費用は、自治体への申請などが、およそ5万円程度で、申請書類の作成などを含めて外部に委託すると、およそ10万円程度の費用がかかります。

木造住宅ならば認定要件をクリアするのは容易

注文住宅を建てる際に、低炭素住宅の認定を受けるためには、その住宅の性能に関して、ある一定の基準を満たす必要があります。具体的には、二酸化炭素を削減するための基準として、平成25年の省エネルギー基準よりも、10パーセント以上の省エネルギー性能向上が条件となります。 また、こうした数値で表される基準の他にも、国が定めた低炭素化のための取り組みを採用しなければなりません。ただし、木造による注文住宅の場合には、それ自体が低炭素化の取り組みと評価されるため、認定要件をクリアするのは比較的容易になっています。 さらに、床面積に関する条件もないため、比較的コンパクトな注文住宅であっても、認定の取得が可能になっています。 こうしたことから、低炭素住宅の認定を受ける注文住宅が、徐々に増えつつあります。

Copyright© 2015 一戸建て不動産を賢く売却する|人気の住宅会社を比較してみると良い All Rights Reserved.