「一戸建て不動産」を賢く売却する方法とは

暮らしを豊かにする建設会社の取り組み

査定のコツ

査定は複数に依頼しましょう

一戸建てなどの不動産を売却しようと考えた場合、どのくらいで売却できるのか、なかなかわからないものです。一戸建ての場合、マンションとは違い、建物の築年数によって、建物の資産価値が大きく異なるため価格に大きな差がでるからです。このような場合は、不動産会社に依頼して、一戸建ての査定をしてもらうのが一般的ですが、複数の不動産会社に査定してもらうことをお勧めします。複数の不動産会社に一戸建ての査定をしてもらった場合、売却価格の相場観や妥当性が見えてきます。査定結果の相違点に着目すると、どのようなポイントで価格が決まっているのかが理解できます。複数の査定結果があれば、安心して一戸建ての売却の話を進められます。妥当な価格で売却できるよう、不動産会社と交渉することも可能になります。

売却価格は落ち着いてきています

一戸建ての売却価格は、これまでの下落傾向が、ようやく横ばい状況になりつつあります。他の不動産と同様に需要も増えているため、上昇している物件も出てきています。経済も改善傾向にありますので、今後、ジリジリ上昇していくとの見方もありますが、二極化も進んでいくと考えられています。人気の地域の一戸建ては常に需要が高いため、上昇傾向が顕著になると考えられます。価格帯も1段階あがると考えられており、一般的には高根の花になりつつあります。一方、人口減少地域の一戸建ては売却が難しい状況です。築年数が古くなればなるほど買い手がつかず、長年空き家状態の物件も増えており、社会問題化しているほどです。更地にしなければ売却が難しい場合も少なくない状況です。

ピックアップ

メリット

一戸建て不動産を賢く売却するためには、不動産業者に仲介を依頼するのがオススメとなります。何故なら、不動産業者に仲介を依頼することで、いくつかのメリットが得られるのです。

住み替えで売却

新しい住宅を購入して、古い住宅を売却するという方法があります。売却した費用で新しい住宅購入へ充てていくことができるので、信頼できる会社を見つけて、依頼を行っておくようにしましょう。

設備を重視する

住みやすい環境を作るためには、導入する設備をこだわっておくことが重要になってきます。施工会社でも設備の紹介を行ってくれるので、このような情報を参考にしながら気に入ったものを見つけていきましょう。

低炭素化が大切

地球の環境を守っていくためには、二酸化炭素の排出を抑えていくことが必要になってきます。最近では、注文住宅を対象に低炭素住宅の認定を進めていくようになっているので、施工時に基準の確認をしましょう。

高額な買い物

新築住宅の購入を行う場合は、高いお金がかかってしまいます。しかし、納得の行く設計を行っていくことによって満足できる生活を送って行くことが出来るので、しっかり検討を進めていくようにしましょう。

Copyright© 2015 「一戸建て不動産」を賢く売却する方法とは All Rights Reserved.